6匹の保護猫を家族として迎え、自ら保護・TNR(※1)活動も行う漫画家・斉藤 倫さん。彼女が地域猫活動(※2)をテーマに”現場で起きること”をリアルに描いたストーリー漫画『ノーにゃんこ ノーライフ~僕らの地域ねこ計画~』のコミックス第2巻が発売になり、それを記念した公開対談イベントが行われました。

 

対談のお相手は、2匹のもと保護猫の飼い主であり、保護団体への寄付活動なども行う漫画家の横槍メンゴさん。横槍さんは「neco-necco」のインタビューで「斉藤先生を尊敬しています!」とお話しされ、おふたりのご縁がつながりました。

 

会場となったのは、千代田区役所。行政とボランティアが協働で「飼い主のいない猫」の問題に取り組む区ならではの祭典「ちよだ猫まつり2019」(2月16〜17日)で行われました。”猫愛”あふれる漫画家同士の対談。愛猫たちの写真をまじえながら、ダイジェストでお届けします。

 

※1 TNR:ノラ猫の繁殖を防ぐため、捕獲器で捕まえ(Trap)、不妊・去勢手術を施し(Neuter)、もといた場所に戻す(Return)こと。

※2 地域猫活動:飼い主がいない猫の問題を「地域の環境問題」として、住民・ボランティア・行政が協力し、暮らしやすい街づくりを目指すこと。TNRした猫たちを適正に管理します。

 

『ノーにゃんこ ノーライフ』最新2巻は横槍さんが推薦文を書いた

 

会場での展示

 

『ノーにゃんこ ノーライフ』と地域猫活動

 

斉藤 『ノーにゃんこ ノーライフ』は、「~僕らの地域ねこ計画〜」という副題がついている通り、ノラ猫や地域猫をテーマにした作品で、こうした猫たちとの付き合い方、それによって繋がる人と人との社会との繋がりを描いています。

 

横槍 斉藤先生の漫画は、すごくわかりやすい! 地域猫を知らない人にもわかるように描かれているんですけど、説明的ではなくて。ちゃんと漫画のストーリーとして成り立っていて、地域猫の入門に適した本だと思っております。

 

斉藤 ありがとうございます! 専門家が読む本でもないので、猫を好きな人でも、嫌いな人でも、飼っている人でも、飼っていない人でも、小さいお子様から大人の方まで読めるようにと思って、あまり専門的になりすぎないように描いているつもりです。

 

 

斉藤 地域猫活動は、地域によっていろんなやり方がありますが、千代田区の地域猫活動は、行政とボランティア団体「(一般財団法人)ちよだニャンとなる会」との協力体制が強くて。もともとボランティアの方から働きかけたわけではなく、行政の方からそういう猫の対策をしたいからボランティアを募集しますということで集めたんですよね。

 

横槍 殺処分ゼロの実現もすごく早かったですよね(※3)

 

斉藤 捕獲した猫の不妊・去勢手術が必要になったときも、行政から進んで車を出してくれたりとか、本当に“一緒にやっている”んですよね。すごくいいモデル。他の地域でもぜひ参考にしてもらえたら。

※3 千代田区の殺処分ゼロ:2011年に実現し、以来、現在まで8年連続でゼロを継続。

 

Ⓒ斉藤倫/ホーム社

 

斉藤さんの愛猫「チカ」くん(左)と「ちゃく」くん。

 

外で暮らす猫を、飼い猫として迎えること

横槍 「猫を室内の狭いところで一生飼うのはかわいそう」という価値観が残っていますよね。それは誤解もあって、外の過酷な状態では、ほとんどの子猫は冬を超えられない。猫って部屋の広さがあまり必要じゃない動物で、高さの方が大事で。

 

斉藤 一部屋の中でも高低差をつけてあげたり、猫タワーを設置してあげたりすればいいんですよね。ノラ生活が長かった猫だと、飼い主さんが外に出してあげる場合も多いですけど、そこはガマンしてもらって、家の中に慣れてもらって。

 

 

斉藤 「ちよだニャンとなる会」さんは、ノラ猫を保護して一般の家庭の猫にしようとする譲渡活動もしています(※4)。ノラ猫ってさっと逃げてしまったり、何を考えているかわからないイメージもあるんですけど、家の中にいったん迎えられて人に馴れてしまうと、本当に昔のそっけない感じから変わっていく。

※4 ノラ猫を保護して譲渡する活動:「TNR」に対し、「TNTA」と呼ばれます。捕獲(Trap)手術(Neuter) し、人に馴らして(Tame)、譲渡する(Adopt )。

 

横槍 「もともと外で生きていた“野生の生き物”だから」と言って捨ててしまう人もいますけど、一度人に飼われてしまうと、外で生き延びられないんですよね。私が飼っている「歌子」という猫の出身シェルターさんは、「どう見ても一度人に飼われていたな」という子から優先して保護しているそうです。

 

斉藤 そうですね。人に馴れているコが外で暮らしていると、逆に危険が多くて。

 

横槍 うちのコたちを見ていても、「もう絶対外では暮らせないな」って思います。

 

横槍さんの愛猫「歌子」ちゃん。多頭飼育崩壊の現場出身(写真提供/横槍メンゴさん)

 

横槍さんの愛猫「るったん」。東日本大震災の被災猫の2世(写真提供/横槍メンゴさん)

 

動物虐待とアニマルポリス

 

斉藤 「るったん」は外で暮らしていたことがあるわりにはすごく懐っこいんですよね?

 

横槍 本当によく生き延びたね、というくらいいい子で。ちょっとワンちゃんっぽいですね、猫っぽくなくて。あざらしのようで。

 

るったんは、福島県内の保健所で殺処分直前のところをレスキューされました

 

斉藤 そういうすごく懐っこい子が外で暮らしていると可愛いけれど、たまに問題になっている虐待や連れ去りとか……

 

横槍 アメリカだと「アニマルポリス」という警察が動いてくれるしくみがありますよね(※5)。日本だと兵庫県に電話の受付相談口があって、「これって虐待じゃないのかな」というときに電話で相談できるんですけど(※6)、まだ警察が直接動くようなしくみができていない。

※5 アメリカのアニマルポリス :大きな団体は「HSUS」と「ASPCA」。サンフランシスコ警察と協力関係にあるサンフランシスコ動物保護管理局」の活動の様子は、日本でもDVD化されています「サンフランシスコ アニマルポリス」

※6 兵庫県のアニマルポリス:兵庫県警察に設置された「アニマルポリス・ホットライン(動物虐待事案等専用相談電話)」。2014年から、兵庫県下の動物虐待事案相談に応じています。

 

斉藤 でも相談窓口ができたことで、ちょっと期待ですよね。

 

横槍 ちょっとあるだけでも、すごい進歩だと思います。

 

斉藤 私はもし虐待に気づいたら警察には知らせると思うんですけど、猫のことだと警察の対応も…(※7)

※7『ノーにゃんこ ノーライフ』の第19話に、リアリティたっぷりに描かれています。

 

横槍 通報する側にも心情的なハードルがあって、「動物のことだけれどもいいのかな」という気持ちがあると思います。まだ、保護団体の方が動くことが多いですよね。先日、ワンちゃんが虐待されているんじゃないかという動画を高校生の子がTwitterにアップしていて、それを見た団体(一般支援団体紫友会)の方が広島まで保護しに行ってくれた。そのときは、警察の方も動いてくれていました。

 

斉藤 個人だとどうしていいかわからなくても、SNSで共有されて。

 

横槍 虐待に対する刑罰も軽すぎますし、私は個人的には早くアニマルポリスが設置されてほしいなと思ったんですよね。

 

斉藤 そうですね。海外のアニマルポリスだと、たとえば多頭飼育崩壊(※8)とかでもすぐに潜入ができますし、そういうことができる組織があるといいですよね。

※8 多頭飼育崩壊:不妊・去勢手術をしないままペットを過剰飼育させて、面倒を見切れなくなる状態。飼い主は困窮し、生活が成り立たなくなることも。過剰に保護した団体が飼育崩壊するケースもあり、社会問題化しています。

斉藤さんの仕事場でくつろぐ「ちゃく」くん、「ココ」ちゃん、「チカ」くん(左から)。

 

猫にやさしい社会は、人にもやさしい

斉藤さんの愛猫「ぼくちゃん」

 

横槍 動物愛護的な話や募金をしていると、「猫よりも人のほうが先」ということを言われがちなんですけど、猫もそうですし、子供とかも、声を発せられない弱い立場の子の声が見捨てられているような社会の中で、子育てとかしたくないなと思っちゃんですよね。

 

斉藤 たしかに寄付やボランティアをしていると、猫のことじゃなくて、人間にボランティアしたほうがいいと言われやすいですね。それも大切だと思えるけど、目の前にいる可愛い動物たちの……

 

横槍 現状を見て見ぬふりをする世の中のほうが、結局人にもよくないのでは、と私は思うんですよね。

 

斉藤 そう思います!

斉藤さん宅の新入り「ハナ」ちゃん

 

チカくん

 

おちびちゃん

 

飼えなくてもできる、”1匹”を助けること

 

斉藤 外にいるコたちをみんな保護してあげられたらいいと思うんだけれど、今、数がものすごく多くて。

 

横槍 それに関して思うところがあります。「保護活動をやっても…」と諦めている人って、動物愛護に興味がない人よりも、くわしい人の方が多い気がします。問題の端っこに触れたときに、あまりにも果てしなくて諦めちゃうというか。

 

斉藤 自分一人がしたところで変わらないという想いがあるんですよね。でも、みんなを助けられるわけではないとしても、目の前にいる1匹を助けることはできるかなって。

 

横槍 本当にちょっとしたところに募金をするだけでも全然違う。自分の意識とキャパを少しずつ広げていくだけで、大きな変化になるんじゃないかなと。

 

斉藤 もし自分で飼えないんだったら、飼えないなりの方法もありますよね。「ちよだにゃんとなる会」さんも、去年、秋葉原で猫カフェ(「ちよだニャンとなるcafé」)を始めましたが、保護猫カフェ(※9)がだいぶ増えてきていて。「うちは飼えないから保護猫カフェに行ってもどうせ猫引き取れないし」だけじゃなくて、1時間いくらというお金を出したり、お茶を1杯飲むだけでも、活動の支援になるので、ぜひ行ってみていただけたらと思いますよね。

※9 保護猫カフェ:譲渡対象の保護猫と触れ合いながら、くつろぐことができる猫カフェ。2010年頃から少しずつ全国的に広まっていきました。

 

(文・撮影/本木文恵

取材日:2019年2月17日

*斉藤 倫さんの愛猫の写真はすベてご本人提供

*会場にいらっしゃらなかった方にも読みやすいように、一部補足・変更を加えながら構成しています。

 

斉藤 倫(さいとう・りん)

漫画家。集英社『別冊マーガレット』(集英社)でデビュー。「ねこねこ横丁」にて『ノーにゃんこ ノーライフ ~僕らの地域ねこ計画~』連載中。既刊はマーガレットコミックス『路地裏しっぽ診療所』全7巻、『僕の部屋へおいでよ』全2巻、コミック文庫『すっとんきょーな兄妹』『世界はみんなボクの為』(すべて集英社)など。仕事の傍ら、猫の保護活動もしている。町田動物愛護の会会員。

*「ねこねこ横丁」連載『ノーにゃんこ ノーライフ ~僕らの地域ねこ計画~』

*Twitter:@rrrrins

*Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100009748441444

*斉藤 倫さんの愛猫について(現在は6匹です)→ねこねこ横丁回覧板 いろいろな猫と関わって

横槍メンゴ(よこやり・めんご)

漫画家。イラストレーター。2009年『マガジン・ウォー』(サン出版)でデビュー。『君は淫らな僕の女王』岡本倫・原作/集英社)で注目を集める。アニメ化した『クズの本懐』スクウェア・エニックス)ほか、『はるわか』双葉社)、『めがはーと』(小学館)など。2019年2月に、『レトルトパウチ!』(集英社)の最終巻となる第7巻が発売!

*Instagram:@yorip
*Twitter:@Yorimen

*横槍メンゴさんの愛猫について→被災地のノラ猫と過剰繁殖の場から救出された猫を迎えて。漫画家・横槍メンゴさん(1)